婚活・パーティー・真剣な出会い・お見合いは、リエゾンピュア結婚相談所|婚活ブログ|

お電話でのお問い合わせは0120800837
お試しお相手紹介医師専用申込みカウンセリング申込み
「上京割り」地方に居ながら、東京 銀座の結婚相談所で上質な婚活ができます。 
2014/03/13, 12:49 PM - LIAISON TOPICS
地方在住の方へ「上京割り」をご存知ですか?


地方在住の方で、東京近郊の方との結婚をお考えの方。
地方に居ながら、東京近郊・首都圏の方との婚活をすすめられます。

・地元に良い相談所がない...

・自分の希望に合う方がいない...

・大学は東京だったので、結婚を機にまた、東京で暮らしたい。

皆さんいろいろですが、リエゾンには、青森から、関西、九州など、たくさんの方が

活動されていらっしゃいます。



初回カウンセリングのみ、東京 銀座のオフィスへご来社いただける方で、関東圏、以外にお住まいの方が対象です。


ご入会時費用が、最大20%のキャッシュバック! (各コースにより異なります)
東京 銀座リエゾンピュアまでお越しいただく交通費ご負担を少しでも軽く・・・
と考えました。※ピュアコースは対象外です。

初回カウンセリングは、ご予約が必要です。尚、他キャンペーンとの併用は出来ませんので、ご了承くださいませ。

「上京割り」で、地元では、出逢えない、素敵なご縁をお探しくださいね。

東京銀座で、結婚相談所をお探しなら...

別ウインドウで見る ( 8 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 1287 )
「絶対評価と相対評価」結婚相談所で行なってはいけない原則、婚活成功の鍵.. 
婚活で行なってはいけない原則...

絶対評価と相対評価。

どちらも一長一短ありますが、

絶対評価は、あくまで、一定の条件以上のお相手ならお見合いをする、若しくは交際をきめる...

相対評価は、○○点以上のお相手なら、合格!!みたいに、ある一定以上の条件なら、とりあえず、交際をして、最終的に比較して決めて行く...

絶対評価は国家試験みたいな感じ...相対評価は通知表のようなもの...

しかし、婚活となると、平均点に及ばなくとも、素敵な方もたくさんいます。

条件がよくとも、何となくフィーリングがあわない...なんて事も。

ですから、絶対評価や相対評価ではなく、条件もお人柄も良い面、悪い面を含めて、バランスをもって、判断して行く事が大切です。

比較自体が悪い訳ではありません。しかし比較癖のついた方は、なかなか交際には至りませんし、交際になっても、あまり続きません。

お相手検索自体、機械に頼るのはリエゾンでは、あまりお勧めしていません。

人生大切な、結婚のお相手を決めるのですから、条件のみでお会いするだけでなく、総合的にバランス感覚を持って、判断してください。

だからといって、とりあえず○○点以上なら、まずはお会いして、何人も比較して...というのも限度があります。

結局は、どこかにある一つだけのご縁を探して行く訳でから、ある程度、チャネルを多く持つ事もやむを得ないですね。でも、無理や無駄をせず、厳選してお会いして行く事も大切です。このへんの微妙な匙加減が、婚活の「カン・コツ・ツボ」という事でしょうか?

うーーーん。難しい。

結局、絶対評価と相対評価が、極端にならないように、リエゾンでは、少し、舵取りや、向かうべきベクトルを、会員さんと一緒にお話しながら決めて行きます。

会員さまとのコミュニケーション、カウンセリングはとても大切なんですよ。

別ウインドウで見る ( 2 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 1300 )
「結婚必勝法 ! 婚活にはリズムが大事」婚活の波にのれる人、のれない人... 
婚活にもある一定のサイクルがあります。

いろいろな業種に繁忙期があるように、

会員さまが、活発に活動する時期と、小休止の時期があります。

一年を通してみると、1月中旬から3月中旬、

春先からゴールデンウィークの始まりと終わり..

夏本場〜お盆を過ぎてからの1ヶ月くらい

肌寒くなってから...、秋本番、そして年末にかけて...

と、波があります。

皆が活発に活動している時期は、休んでいてはダメです。


また、お申し込みや申し受けの多い時期やそうでない時...

これも、一喜一憂せずに、冷静に対応して行く事が大切です。


リエゾンでは、1月〜3月 4月中〜5月、8月〜10月 そして12月と...

お見合い強化月間です。

この時期は、とても活発に動きますので、自分自身でも意識して、

婚活に集中するとよいでしょう。

2月は、大雪にも関わらず、たくさんのお見合いが組まれました。


婚活の波にのれる人、のれない人...
差がでてきますよ。。



婚活の波...是非、カウンセリングでお聞きくださいね。





「お見合いから交際へ」最低限のマナー...社会人としてのマナーです。 
お見合い後、交際になった後、すぐにお断りにされてしまう方がいます。


典型的な例を挙げますね。。

まずは、挨拶。「先日はお見合いありがとうございました....」

がきちんと言えない。最初から友達感覚。

メール。お相手のお名前を書いて、用件を書いて、御礼やご挨拶をきちんと書かず、

いきなり、用件のみのメール...しかも、自分の名前も書いていない。。

これも友達感覚、悪く言えば、社会人としてマナーが確実に欠落しています。

上から目線。自分の方が偉いんだぞ..的な上から目線でしか話せない人。

お相手の欠点ばかりを、指摘する。そういう自分自身はどうですか?っ聞かれますよ。

お相手への配慮の欠落。わがままな方。自分の事しか考えられない方。

ちよっとクレーマー的で、寛容さを持てない人。


列挙するときりがないですが、

これは、男女ともに、学歴や年収など全く関係なく、

ご本人の資質や性格、人としての生き方の問題です。

しかし、第三者に指摘され謙虚に反省する方は、問題ありません。

少しずつでも、自身を成長させていける事と思います。リエゾンも応援します。

しかし、謙虚に反省する事を知らない方は、やはり、交際となると、

お相手の方は、しっかり観察されてますから、難しいでしょう。

お店などで、横柄な態度をとる方...いらっしゃいますよね。

お金を払えば、何でもしてくれる...なんて思っている方。

世の中、そんなにあまくはありません。

お仕事も、いずれ上手くいかなくなるでしょう。私は将来性を感じません。

たくさんの方々を、みていると、一部にそのような傾向を少なからず感じます。

気を付けましょう。



もちろん、仲が良くなってからの友達感覚は、OKですよ。。


お見合いもビジネスもお相手への配慮を忘れずに...


<< <前へ | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 次へ> >>