婚活・パーティー・真剣な出会い・お見合いは、リエゾンピュア結婚相談所|婚活ブログ|

お電話でのお問い合わせは0120800837
お試しお相手紹介医師専用申込みカウンセリング申込み
お相手選びの職業講座 結婚相談所リエゾンピュア婚活ブログ 
先日、ある会員さまに建築家の方からお申し込みがありました。

建築家 ?
職業知識のない方は、大工さん ? 設計士さん? という感じで分からないご様子。

そこで、今日は建築家って何 ? の講座です。

そもそも日本の建築士制度は、学歴と実務経験で資格取得の受験資格が与えられます。建築士の制度は、結構厳しく、大学をでても2年の実務経験、若しくは、修士課程を卒業しなければ受験資格さえありません。(一級建築士の場合)

最近は、大学を出ても受験資格を与えられない法改正があり、国土交通省の規定の個別の必須単位を履修しなければ、大学の卒業資格だけでは、受験できません。
これが別の意味で、問題になっている事も事実です。例えば大学独自の教育ができなくなる。あるいは、医療職のように、ほぼ全員か取得する資格と違って、就職してから、一級建築士免許を取得しますので、就職後、一定期間をすぎても取得できない場合、自分の居場所がなくなる、もしくは、昇進などに影響してくるなど。

では、自称建築家とはなんでしようか ? これは欧州の歴史にまで遡る事になります。
日本では、古来から、大工、工匠の歴史と伝統があり、正式に日本に、建築家(アーキテクト)の職能が輸入されたのは、明治になってからです。欧州では、ギリシャ・ローマの時代から、アーキテクトの存在が不可欠であり、神に近い存在として、崇高な職業としての伝統がありました。が、まだこの時代は、技術者の枠を超えておらず、ルネッサンス期以降になると、建築家の名前と建物がセットになって、多数の文献に残るようになりました。フィレンツェ大聖堂 サンタ・マリア・デル・フィオーレのブルネレスキの設計は、特に有名です。


では、建築家・アーキテクトとは、どのような職能でしょうか?

わかりやすく言えば、オーケストラの指揮者のような存在でしょう。
時代・環境・文化・芸術・科学等、最新技術を駆使して、建築物全体をプロデュースします。職人や技術者、各メーカーや関連行政との折衝などを、総合的にまとめます。もっと大きな視点でいえば、都市計画や社会システムの構築にまでその権限は及びます。教会や寺院は、まさに神の領域にまで踏み込む仕事です。

とはいえ、現代では、各国建築家の資格制度があり、日本にも同様、建築士法という法律があります。しかし、根本的に諸外国と違う点は、日本は、技術者資格であり、海外、特に欧米は建築家と技術者資格を明確に分けています。
だから、日本では、建築家というと、極めて法律的にグレーゾーンになります。

例えば、私の親友に東大を卒業後、バークレーで修士を取得し、ミラノ・スイス等の設計事務所で修行をして、38才で日本に帰国しました。海外で、普通に建築家として仕事をしてきた彼は、マリオ・ポッタに絶賛される等、たいへん有能な建築家です。
しかし、日本に戻ると一級建築士免許がなければ、自分の名前で仕事をする事は出来ません。一部の国とでは、二国間協定がありますが、根本的に建築家資格と技術者資格が分かれていない日本では、まだまだの状況です。

建築士法の問題点は、次回に述べるとして、日本には、極めて曖昧な建築関連の資格があります。例えば、インデリアプランナー、インテリアコーディネーター...素人的には、わけがわかりません。

日本で法律的には、建築家という資格はありません。ですので、自薦・他薦・自称の世界なんです。

常識的な見解として、日本若しくは、海外の建築学部、建築学科に在籍・卒業し、すくなくとも10年以上の経験と実績をもち、その国のアーキテクト免許、日本であれば、最低一級建築士の免許をもち、建築物の設計監理を職能とする人で、かつ専業である人、他の利益誘導のない純粋に活動をしている人...、

このような方は、建築家だと思います。

ハウスデザイナーは建築家ではない...という方もいらっしゃいますが、設計監理を専業とする職場であれば、私は建築家で良いと思いますが、皆さんはどのようにお考えですか。

しかし、優秀な建築家ほど、自分を建築家とはよばないのも、面白い傾向ではありますが・・・

過去の新建築での紙面で、関西の建築家、出江 寛が、自分の事を建築家なんておこがましい...はずかしくて、言えないので、人に職業を聞かれると「建築屋」です。。。
と答える、というようなニュアンスのコメントを見た記憶があります。まちがっていたら、ごめんなさい。

巨匠の村野藤吾は、私は商業建築家、だから、施主の言う事は99%聞きます。しかし、1%の村野藤吾の個性が残ります...この言葉も、経験と建築という息の長い仕事の中で生まれた名言と思います。謙遜がよいとは思いませんが...

しかし、某工務店の建築家によるデザイナー住宅...という宣伝。

これ以上怪しくもあり、日本の法整備のや遅れを如実に示す事例はありません。
モラルの問題か、需要者の文化の問題か。
それは、皆さんのご判断で。。

建築家...しかし、すばらしい仕事ですね。

お相手選びは、資格や年収だけではなく、職業背景からのお人柄や個性も大切ですね。


別ウインドウで見る ( 2 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3.1 / 1348 )
婚活デート「鎌倉」結婚相談所リエゾンピュア 
会員のSさん、Yさん...

デートに鎌倉に行かれたとの事で、お二人で、お土産を持ってきて頂きました。

普通、お二人で見えられるのは、成婚のご挨拶...が相場なのですが、

普通にお見えになられて、ちょっとびっくりしました。

かなり、いい感じのご様子でしたので、たぶんそろそろ...

という感じですね。。

お土産に鎌倉しふぉんけーきをお持ち頂いて、皆で美味しくたべました。

何より、ふんわり感と、焼き加減というのか、

香りと食感と、とても美味しいしふぉんケーキでした。

これもまた、知ってる人は知っている逸品だようで、

鎌倉駅の東口から、ちょっと歩いた所らしいです。

本覚寺の近くだとか...





「鎌倉しふぉん」を食べながら、お二人の将来のお話など、

楽しくお時間をすごしました。

このまま、成婚へ向けて、愛の日々...

もう、お二人の間では、結婚はきまっているようですね。。

海外挙式のお話でも、盛り上がって、絶対私が、これぞ!!というルートを

お世話します。

Yさん、鎌倉から港区の芝まで通勤されているようで、毎日たいへんそうですが、

鎌倉で育まれた、愛情...これからも、デート重ねてくださいね。

結婚相談所リエゾンでした。


「知っている人は知っている...シリーズ」 結婚相談所リエゾン婚活ブログ 
知っている人は知っている...シリーズ


先日、ある居酒屋さんで、不思議な飲み物をみつけました。

黒糖玄米とかいう沖縄の宮古島の飲む玄米...らしいです。

地元では、ファンが多いらしく、甘くて、とろみがあって、たまに飲みたくなる

島の味らしいです。。

ちょっとしたお土産にいただいたそうですが、

あまり、珍しかったので、写真にとってきました。





よく見ると、沖縄県宮古島...って書いています。

ローカルな飲み物って、その土地とちにありますが、

飲む玄米は、ちょっとおもしろかったです。

みなさんもいかがですか?

健康によいらしいですよ。。


雑談でした。


婚活は、銀座からリエゾンピュアで...


イベリコ豚三昧 IN スペイン 結婚相談所リエゾン婚活ブログ 
スタッフがまた、スペインに行っています。

マドリでイベリコ豚三昧だそうです。



いいなぁ...

リエゾンは、よく欧州旅行にいきますが、
特にスペイン・イタリアは、会員さまOBや友人、懇意にしている現地コーディネーター
もいて、必ず誰か行っています。

今回も、スタッフがイベリコ三昧とか言って、写真送ってきました。

私もいきたいですが、忙しくて、チケットを買う勇気がありません。。

イベリコ豚といえば、ムセオ デ ハモン というお店がありますが、

スペイン中どこにいっても、あちこちにあります。

ハムの博物館と言ってもいいくらい、店頭にぶら下がっていて、
一見の価値はありますよ。

そろそろ6月、ジューンブライドじゃないですが、

欧州の6月は、季節もよくて、挙式にはぴったりですね。

リエゾンは、挙式や旅行プラン、リング、ドレスの調達など、海外は強いですよ。。

といっても、旅行代理店ではないので、コンシェルジュ・サポート...



写真は、担当スタッフです。

今月も嬉しい成婚報告がありました。

また、担当カウンセラーがプログかきますね。



来年こそ、ジューンブライド 結婚相談所リエゾン



<< <前へ | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 次へ> >>