婚活・パーティー・真剣な出会い・お見合いは、リエゾンピュア結婚相談所|婚活ブログ|

お電話でのお問い合わせは0120800837
お試しお相手紹介医師専用申込みカウンセリング申込み
「心の品格」でお相手を選びたい...  リエゾンピュア婚活ブログ 
世の中でこんな人とは、付き合いたくない...ベスト10

確かに、このような方と友達にもなりたくないし、
法人の営業であれば、折衝したくないですよね。。。
上司に命令されて、イヤイヤ...というのはあるかもしれませんが、
基本的にこういうタイプの人は、皆に嫌われます。
でも、本人は、気付いていない事が多いのです。

こういう人たちは、自身の下品さに気付いていない。
いくら着飾っても、下品さは変わりません。
心が高貴な方は、年収や学歴、家柄に関係なく、
いろいろな人たちが集まってきます。


もしかしたら、自分自身にもそんな側面があるのかも...

と感じたら、下記、チェックしてください。

1.自分だけ利益を得ようとする。
2.相手の立場や他者への配慮ができない。
3.企業も、個人も、人の為に、社会の為に..という公共の概念が欠落している。
4.紳士協定を守らない..理解できない。イコール商慣習を守らない。
5.人権意識や消費者意識が強すぎるのか、重箱の隅をつつくようにクレームをいう。
6.絶対自分が正しいと思い込んでいる。
7.議論で負けたくないので屁理屈をを言ってでも、相手を負かす。
8.自分の社会での立ち位置、身の丈を知らない。
9.できないような大風呂敷をひろげる。
10.悪口ばかり言っている。人の責任にする。

要は逆ギレ状態の人たち。

1コでもあったら、危険信号。

なぜって、こういう人が増えているのは事実です。
私が感じるのは、バブル以降、顕著に感じます。

誰もが、人に支えられて生きています。
だから、自分自身も「人々の為に、社会の為に」
という意識を忘れないようにしています。

会社も。個人も、「人としての普遍的なモラル」や他者への理解のない方に、
仕事はおろか、将来を託せません。
ここが、人格であり、その人の器の大きさに繋がるのでしょう。


結婚も同じです。
私は、ちょっとでも上記のような傾向を感じると、幻滅してしまいますし、
いくら話ても無駄だと思ってしまいます。

結婚したい相手がいないと嘆くより、自分自身の襟も正して行くような
謙虚な気持ちも忘れずに、婚活続けましょう。
そして、容姿や、学歴、年収、家柄...
そんな事より、もっと大切な事は、「心の品格」でお相手を選びたい。

そんなお話をされる素敵な紳士がご来社され、入会されました。
経営者で、500人を超える社員を統括し、年商400億円を超える企業を自分1人で
創業された方です。

医療関係の会社を経営してますが、医学部を卒業し、医師免許も取得した方です。

私は、教授にはなれなかったが、
どの大学の教授も、私に協力してくれます。
それが私の財産です。

この言葉にとても感銘を受けました。

リエゾンでした。

結婚相談所 リエゾンピュア

別ウインドウで見る ( 4 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3.1 / 1125 )
縁・・・  リエゾンピュア婚活プログ 
福岡からの出張帰りに台風で新幹線が止まって、しかたがないので、

京都で途中下車して、ちよっとだけ観光してきました。



皆さんご存知の京都駅...

原広司による設計で、建設当時賛否両論だったこの建物ですが、皆さんは、いかがでしょうか?

未だに分らないのが、なせ建築家が、原さんだったのでしょう...

安藤も入れば、高松だっているし、関西にはたくさんの優秀な建築家がたくさんいますが...
しかし、当時は、まだ原さんも、安藤さんも今の地位を得ている分けではなく、またコンペの結果如何はともかくとして。。

小さなパーツのディテールが、大きなヴォリュームにある種の緊張感を与えている点等は、神社仏閣の見えないディテールのような感じがして、京都らしいといえば京都
らしいですが、独特の原広司の世界が広がっています。
しかし、あの巨大なコンコースも吹き抜けも階段も、よくやったと思いますが、
何よりも商業動線や百貨店の店頭マーケティングなど、全く考えておらず、私は、いずれ、商業テナント部分は、改修でもしない限り、客足は増えないように思います。経済的には、京都駅ともあろう巨大ターミナルが見えない部分で、かなりの損失をだしているように思いますが...私の勝手な意見です。<原先生すみません>

そのまま、せっかくなので、東本願寺と西本願寺をひさしぶりに見学してきました。
御影堂と阿弥陀堂の全体像を見たかったのですが、またまた残念修復中です。
しかし、御影堂の重層入母屋造の本瓦葺きの大きく二重に見える大屋根の迫力は、さすがですね。



回廊をあるいていると 、心打たれる名言が...




....婚活もおなじですね。


縁..

素敵な言葉ですね。

結婚相談所リエゾンピュア

別ウインドウで見る ( 1 view )   |  このエントリーのURL   |   ( 3.1 / 1149 )
対局にあるもの...  リエゾンピュア 
日光東照宮に行ってきました。
縁結び・ビジネス・浄化・厄除け...などのパワースポットとしても
有名ですが、何より、世界遺産にも登録され、海外からの観光客もたくさんきていました。

日光東照宮と言えば、初代将軍・徳川家康公を神格化した神社で有名ですが、
風水・陰陽道などの手法を駆使して設計されたと言われて、たくさんの方が、
お参りに来ていました。

日光東照宮と言えば、木造の彫刻物でも有名ですが、「見ざる 言わざる 聞かざる」
眠り猫...など、

それより建物全体が複数の極彩色で彩られ、見事な調和をみせているのも、
みどころです。しかし...いま改装中で、肝心要な陽明門が見れません。
残念です。





建築的には、東照宮と同時期に建造された桂離宮が有名ですが...
桂離宮は、清楚な佇まい、質素な中にも豊かな空間構成と清純眞率な建築は、現代の私たちも感銘を受けます。ドイツの建築家ブルーノ・タウトが絶賛したとされる離宮と正反対の様相を呈す東照宮は、常に対比されながら日本建築史の奥の深さと多彩さをを感じざるを得ません。

しかし、面白いのは、桂離宮と日光東照宮は、 ほとんど同年代に建造され、しかも同じ関係者によって建築されている点です。

社寺建築と宮廷建築の違いはあれ、装飾と非装飾のこの対局的な意匠は、当時、日本のデザインや文化の多様性、また、茶ノ湯から和歌、 俳諧、 歌謡、絵画、建築などの分野において、いかに日本が世界の中でも先鋭的であったかが伺われます。
西欧のバロックからマニエリスムといった文化の影響なのか、同様の歴史的流れも感じます。
黒川紀章は、桂の離宮の書院づくりに見られる微細な装飾性から、対局にあるのではなく、日本人の共生の思想へと論点を繋げていたと思います。

結婚も価値観やスタイルが多様化し、同時代に生きる我々も、当時から根付く日本の多様性と決して対局ではない共生観を持っているものと思います。
ステレオタイプなお相手の条件や職業観などにとらわれず、対局にある自分自身とは違う分野や・世界の人とも、共に生き、価値を認め合う事が出来れば、きっとその先には、素敵な結婚があるように感じます。
それが日本人の奥の深さだと感じますが、皆さんはいかがお考えですか?

リエゾンでした。

東京銀座の結婚相談所リエゾンピュア

別ウインドウで見る ( 2 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3.1 / 1390 )
「二極化する結婚相談所... 」   リエゾンピュア婚活ブログ 
結婚相談所の二極化について...

男女ともに、高学歴化はいうまでもないのですが、
リエゾン入会者の最近の傾向ですが、
特に有名私大、旧帝大クラスの卒業、院卒、そして海外組と、
ますます高学歴・高ステータス化が顕著にみられるようになりました。


特に女性の活躍は目覚ましく、学歴のみならず、医師、弁護士を始め、
一流企業や外資系勤務の方は、30代そこそこで年収1000万を軽く超えています。
当然、お相手にも同等の条件を求めますが、男性は、女性の職業や学歴より、
年令や容姿など別の視点でお相手を探しています。

ここで、大きなギャップが生まれるのですが、34歳の女性が40歳迄の
上記のような男性を求めた場合、男性は、20代女性からたくさんの
お見合いの申込を頂きます。男性は、ついつい若い女性に目がいきます。
年令の婚活ギャップは大きく、女性は逆に近い年令の男性を求めます。
40歳の男性が28〜30歳の女性を求める中で、34歳の女性が40歳の男性に申込をしても、
なかなか上手くは行きません。

では、お相手の年令を上げれば良いのか...

お相手の年令の上限は、100人100様、皆さん違います。
ですので、そう簡単ではない事が伺えると思います。


一方で、世間一般の相談所の傾向を見ると、学歴や年収など、二極化しているように感じます。平均年収が、40代前半でも450万〜470万という試算もあります。
平均ですから、いかに二極化しているのかが、わかると思います。

どんなに会員数が多くとも、希望のお相手は、実際は数%程度しか在席していない事も多々あります。


そのような中で、自ずと相談所も紹介会員のセグメントが、より詳細になり、
一般の利用者から見れば、どの相談所に行けば良いのかわからないのも当然のように
思います。高収入で専門性の高い方にただ仲人がつけば良いのか...という気もしています。時代が大きく変わり、価値の多様化、結婚観や仕事に対する姿勢、生き方等、確実に、日本は時代の転換期を迎えています。
二極化の反面、社会が成熟期を迎え、経済が減衰して行く社会の中で、真の幸せを見つける事は、とても難しい事かもしれません。

だからこそ、もう一度幸せとは何か、結婚とは何か、結婚をするべきなのか否か...
それは、貴方自身が、自らのオリジナリティーを持って生きて行けるのか、という
根本的な問いかけにも繋がるように感じます。
私は、どのような束縛も受けず、自身の責任において生きて行きたいと思いますが、
今の社会は、そう簡単に貴方を自由にはしてくれないでしょう。

貴方が特別でない限り...。

リエゾンでした。


<< <前へ | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 次へ> >>