婚活テク・最初のデート|結婚相談所リエゾンピュアお役立ち婚活情報

お問い合わせはお試し結婚お相手紹介無料カウンセリング申込み
トップページ > お役立ち婚活情報 > 婚活テク・最初のデート

お役立ち口コミ婚活情報

婚活テクニック・最初のデート

婚活テクニック・初めてのデート(ファーストコンタクト)

お見合いから交際に至る正念場、ファーストコンタクト。

入会して、初めてのお見合い。緊張するものです。
しかし、大事なのは、お見合い後の初デート…

この時の「失敗例…」「成功例…」を考えてみます。
お見合い後のファーストコンタクトは男性からするのがマナーです。
というより、当たり前のお話。

しかし、ここで失敗する人たちが多いのも現実です。
いくら忙しいとはいえ、いきなりSMSやメールで連絡をるのは禁物。

まずは、お電話で、「先日はお見合いありがとうございましした。
宜しければ、お食事にでもいきませんか?」とお誘いするのは男性の役目。

まず必ずお電話でお誘いする事。どうしても連絡がとれない時は、
いつ頃ご連絡すればよいかをメールで尋ねる… これが一般的です。

しかし相変わらず、勇気がないのか非常識なのか、SMSを一本送ったきり、
音沙汰のない男性が多いのも事実です。
これでは、せっかくのご縁も疎遠になってしまうのは当然です。
出来る限り、直接お話してお誘いするのがマナーですし、
その後のデートもスムーズにいきます。

たまに、ファーストコールをしても返信がないから、もう連絡しませんでした…
などといっている子供のような男性が多いのも事実です。たとえ、お見合い後に気が変わって
会いたくなくなったとしても、一度交際の意思表示をした以上、お相手に対しての配慮として、
一度はお会いして、お食事でもするのが大人としてのマナーです。女性も同様です。

これが出来ない方は、結婚相談所への入会はやめていただきたいと思いますし、
当社では、ご遠慮させて頂いています。しかし、まったく問題意識すら持たない結婚相談所や仲人
が少なからず存在する事は事実で、こういうお相手とお見合いしても、まずご縁には繋がりません。

また、女性も男性からのお電話を適当に考えている方もいらっしゃいます。忙しいから、メールにしてください。
と…これもお相手に対しての配慮に欠いています。
最初のファーストコールはお互いにとっての大事なキッカケです。

お見合いに限らず、人との出会いは、お相手への配慮があって成立するもの。

せっかくのお見合いで交際に発展しても、最初のファーストコールで失敗される方も多いのが現実です。
男女どちらかが、不誠実な態度をとる事で、ご縁はもうありません。
年令を重ねると、難しくなっていく婚活です。せっかくのチャンスを無駄にしないように
ぜひ、ご縁を発展させてください。

お見合いもマナーから… 交際もマナーから...