婚活・パーティー・真剣な出会い・お見合いは、リエゾンピュア結婚相談所|婚活ブログ|

お電話でのお問い合わせは0120800837
お試しお相手紹介医師専用申込みカウンセリング申込み
「二極化する結婚相談所... 」   リエゾンピュア婚活ブログ 
結婚相談所の二極化について...

男女ともに、高学歴化はいうまでもないのですが、
リエゾン入会者の最近の傾向ですが、
特に有名私大、旧帝大クラスの卒業、院卒、そして海外組と、
ますます高学歴・高ステータス化が顕著にみられるようになりました。


特に女性の活躍は目覚ましく、学歴のみならず、医師、弁護士を始め、
一流企業や外資系勤務の方は、30代そこそこで年収1000万を軽く超えています。
当然、お相手にも同等の条件を求めますが、男性は、女性の職業や学歴より、
年令や容姿など別の視点でお相手を探しています。

ここで、大きなギャップが生まれるのですが、34歳の女性が40歳迄の
上記のような男性を求めた場合、男性は、20代女性からたくさんの
お見合いの申込を頂きます。男性は、ついつい若い女性に目がいきます。
年令の婚活ギャップは大きく、女性は逆に近い年令の男性を求めます。
40歳の男性が28〜30歳の女性を求める中で、34歳の女性が40歳の男性に申込をしても、
なかなか上手くは行きません。

では、お相手の年令を上げれば良いのか...

お相手の年令の上限は、100人100様、皆さん違います。
ですので、そう簡単ではない事が伺えると思います。


一方で、世間一般の相談所の傾向を見ると、学歴や年収など、二極化しているように感じます。平均年収が、40代前半でも450万〜470万という試算もあります。
平均ですから、いかに二極化しているのかが、わかると思います。

どんなに会員数が多くとも、希望のお相手は、実際は数%程度しか在席していない事も多々あります。


そのような中で、自ずと相談所も紹介会員のセグメントが、より詳細になり、
一般の利用者から見れば、どの相談所に行けば良いのかわからないのも当然のように
思います。高収入で専門性の高い方にただ仲人がつけば良いのか...という気もしています。時代が大きく変わり、価値の多様化、結婚観や仕事に対する姿勢、生き方等、確実に、日本は時代の転換期を迎えています。
二極化の反面、社会が成熟期を迎え、経済が減衰して行く社会の中で、真の幸せを見つける事は、とても難しい事かもしれません。

だからこそ、もう一度幸せとは何か、結婚とは何か、結婚をするべきなのか否か...
それは、貴方自身が、自らのオリジナリティーを持って生きて行けるのか、という
根本的な問いかけにも繋がるように感じます。
私は、どのような束縛も受けず、自身の責任において生きて行きたいと思いますが、
今の社会は、そう簡単に貴方を自由にはしてくれないでしょう。

貴方が特別でない限り...。

リエゾンでした。

ジバニャンの電車... 
最近ブームの妖怪ウォッチ...

子供にせがまれて、買い行ったところ、全て売り切れ。。。

妖怪ウオッチはもちろん、零式とやらも...妖怪メダルもなし。。

発売当日に長蛇の列...

アイフォンでも発売になったのかと思うくらいの人気ですが、

皆さん知っていますか?

最近は、こどもだけでなく、女子高生や大人迄...


凄い人気ですが、仕掛けた方が上手いですよね。

ケーム感覚で、ゆるキャラで...

最近の傾向ですが、玩具会社とケーム開発会社、アニメの制作会社にTV局、スポンサー..

昔のゲゲゲの鬼太郎の妖怪をイメージしていましたが、

全く違う世界ですね。

ジバニャンとか、こまさんとか...

何?ってきいてみると、

地縛霊の猫だとか?? 狛犬の妖怪だとか???


でもこのキャラクターを見ると、なるほど...って感じですね。



リエゾンの雑談でした。

結婚相談所 東京銀座のリエゾン


成婚退会 ! 嬉しいお便り...リエゾンピュア婚活ブログ 
2014/08/03, 10:38 AM - 成婚・結婚報告
成婚退会以来、ご無沙汰していました元会員OBの方から、
嬉しいお便りいただきました。

ご退会後も、こうしてお便りを頂けるととても嬉しく思います。
日々、○○さん、どうしているかしら...○○先生も...
と、おもいだされます。

Kさん・Rさん、長いような短いような期間でしたが、
ご成婚までの道のりが、いろいろと想いだされます。

幸せになってくださいね。
たまには、遊びにきてください。

暑中見舞い、ありがとうございました。



お幸せに!!

結婚相談所リエゾン

「お見合い症候群...」 リエゾンヒュア婚活プログ 
お見合い症候群...

何度お見合いしても、お断り...

しかし、常にお見合いをしていないと、安心できない。

お相手選びの条件が厳しすぎるのか? お見合いをしないと先に進めない不安からか?


特に男性多い症状です。


相談所を何度もはしごして、どこの相談所に行っても、同様に

お見合いしても、交際には発展しない、というより、すべておことわり状態。

そして、希望の女性がいないと、愚痴ばかり...

こういう方は、相談所には向いていないし、もしかしたら結婚そのものに向いていないのかも..

リエゾンでは、このような方は、お引き受けはできません。

しかし、また、どこか他社の相談所に行って、同じ事を繰り返しているものと思います。


お見合いしても、決められない、あるいは、交際に入れない、という方。

もしかしたら、お見合い症候群??


心配しなくても、大丈夫。

明確な結婚観と、お相手に対する配慮、そして、自分自身の身の丈にあった、

落としどころを心得ているならば問題はありません。


何事もタイミングがあります。潮時という言葉があります。

ずるずると同じお見合いを繰り返していても、最愛の人には出逢えません。

自分自身を変える事。比較するのではなく、お相手の良さを引き出す事。

多少の不満を理由にお断りをせずに、

お相手の方との恋愛や生活をイメージしてみましょう。

必ず、フィットする瞬間があると思います。


結婚は、我慢の連続です。時には限界と感じる事も...

それでも人は、結婚していきます。

パートナーがいるかいないか? 人生は大きく変わります。


今、もう一度問いかけてみてください。

結婚しない人生を選ぶのか ? 家庭をつくりたいのか?

自身の考え方一つです。


リエゾンでした。


結婚相談所リエゾンピュア


<< <前へ | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 次へ> >>