結婚相談所 東京(銀座・渋谷・池袋) 成婚重視の【リエゾンピュア】 公式WEB

お問い合わせは
お試し結婚お相手紹介無料カウンセリング申込み
「朝顔と女性医師と婚活」「彦星」と「織姫星」のようにご縁がありますように... 
朝顔...

朝顔を子供と一緒に育てて、2ヶ月目でようやくお花が咲きました。

七夕に間に合えば良かったのですが、少し時間がかかりました。

江戸時代には七夕の頃に咲くと、「朝顔姫」と呼ぶようになり、

花が咲いた朝顔は「彦星」と「織姫星」に例えて、縁起のよいものとして、

夏の風物詩として、鉢植えの朝顔が売り歩かれるようになったとの事です。

源氏物語の頃から、朝顔は文献に出てきます。

朝顔の姫君...とは、源氏から朝顔の花を添えた和歌を贈られたという逸話から、

「朝顔の姫君」「朝顔の斎院」「槿姫君」「槿斎院」などの呼び名がついたようです。


入谷の朝顔市は有名ですね。



台風のあと、雨上がりの朝顔はとてもきれいです。

実は、この朝顔の種は、女性医師の方から、クリニックのパーティーにお誘いされた時に、

頂いたのですが、婚活成就...縁起がいいので、綺麗なお花を咲かせますね...

とお約束した種なんです。

ですので、お花も咲いて、婚活も上手くいけば...と思っています。

お花が咲いた今日、お見合いなので、ぜったい上手くいきますよ..って

先ほど、メールでお写真送りました。

これです。。







良いご縁になると良いのですが...

結婚相談所リエゾンピュア

結婚相談所のお見合い・交際のルールとマナー...婚活の第一歩はお相手への配慮から 
ルールとマナー...

結婚相談所に入会するとお見合いのルール、交際のルールなど、

意外と厳しい事はご存知でしょうか?


ルールは、決め事、お互いが気持ちよくお見合いする為の最低限のお約束です。


しかし、このルールすら守れない方々がいます。

悪質な場合は、登録抹消の処分になる事も...

どこの相談所にもそれぞれルールがあります。


しかし、全くルール等、知らん顔の相談所もある事も事実です。

こういう相談所やルールを守れない方達、私は、結婚は無理だと思います。


リエゾンは、社会人として、お相手に失礼のない対応が出来ない方は、

ご入会をお断りしています。


ルールは、最低限の約束、マナーは、お相手への配慮。

人や社会との付き合いの中で、

ルールとマナーを理解できない人たちが、結婚なんてできる訳がありません。


上から目線で、デリカシーのない男性...高慢な態度でしか話せない女性...

いろいろですが、お見合いが上手く進む訳がありません。


ですので、リエゾンピュアでは、入会時に、ルールをしっかりご説明致します。

その上で、お相手への配慮として、この程度のマナーは意識して、

気を付けてくださいね...という感じで、いろいろとお話するのですが、


婚活が上手くいかない人には、理由があります。

自身の問題なのか、お相手への条件が高すぎるのか...?

ルールを守っても、お相手への配慮に欠けるマナーのない方。


自分自身で気付いていなくとも、お相手は不快...

悪意がなくとも、お相手が不快に感じたら、お見合いはその時点でご縁には繋がりません。

今一度、ルールとマナー、しっかりと考えてみてくださいませ。

婚活の出発点です。



「ご成婚の法則」お見合いから交際、そして成婚までの皆さんが知らない法則... 
昨日、無事に婚約しました。

と、成婚のご報告がありました。

同じ日に3組でしたので、なんだか不思議な感じがしています。

そして、皆さん、昨年4月の入会者...

これは偶然ではなく、ある種の傾向を感じます。

昨年の4月にご入会されて、いろいろと紆余曲折...

自分の気持ちの整理も大切ですし、出会いの時期、お見合いの回数、

交際後のデートの回数、イベントの有無...

クリスマスとか、バレンタインとか...

一定の傾向があります。


良く一年婚活とか、半年で成婚とか、いろいろとキャッチコピーが氾濫していますが、

現実の婚活はそんな簡単なものではなく、1年を過ぎる事は、考えておいたが方が良いです。

当社の平均は、1年3ヶ月〜1年6ヶ月くらいです。

もちろん、6ヶ月で成婚の方もいますし、2年かかる方もいらっしゃいます。


一つ言える事は、ちょっとした成婚への法則のようなものがあります。

しかし、かなり傾向値でしかありませんが、知っているか、知らないかで、

婚活も違ってきます。

カウンセリングにご来社した方やご入会の皆様には、また、詳しくお話しますね。


成婚...嬉しい響きですね。



この度、ご成婚された、0様、M様、T様カップル !! おめでとうございます。

これからもお幸せに !!


結婚相談所 銀座リエゾンピュア


東京五輪と新国立競技場、婚活も結婚も就職も安定志向... 
東京オリンピックでの、東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場が、現行案で決定したそうな...

皆さん、どのように思われたでしょうか?

マスコミ各社は、建設費用と工期の話ばかりで、肝心な建築そのものに対しての視点が欠落していて、あまりに稚拙な議論ばかりで、私個人としては、辟易しています。

確かに、国民の税金を投入するのですから、建設費用は大切なお話ですが、某TV局は、まるで悪の如く叩いていましたね。この競技場についての建築的な議論、文化や芸術、スポーツの振興などの多角的な議論や、肝心なコンセプトに対する議論が抜け落ちていて、ザハの作品があたかも、奇をてらっているかのような表現も気になるところです。

例えば、パリのエッフェル塔の建設当時、パリ市民は、装飾のない鉄の塊は、パリにふさわしくないと激論が交わされ、同時代的に言えば、ロースのウィーンでのミヒャエル広場の前、通称ロースハウスも、マンホールの蓋に例えられて、酷評されたのも、建築と装飾の意味を問い直す、産業革命以降の重要な節目になったのは周知の事実です。

ロースの「装飾と罪」は、近代建築、都市・文化・芸術・工学論の祖といっても過言ではありません。酷評とはいえ、文化や芸術、都市論、工学的見地と将来を見据えた多面的側面からの批判や議論であって、建築に対する意識としては、日本は、建築家は優秀ですが、国民の建築的民度は、やはり低いと感じます。

今回のコンペ当時の案と減額案では、建築の意味も変わる程、当初のダイナミズムやザハの建築的問題提起は、薄れ、鈍重なつまらない建築になってしまっています。と私は感じます。

にも関わらず、減額案で決定...と聞くと、何だ..という感じの、ちよっとしたつまらなさを感じてしまうのは、私だけでしょうか。

できれば、ザハ・ハディド氏や委員長の安藤忠雄氏のコメント等もできれば公開して頂いて、もっと広く多様な角度で、国民全体を議論に巻き込むくらいの事をしてほしかったように思います。

ザハ・ハディド氏や安藤忠雄氏と同じく、プリッカー賞受賞した槇文彦氏も、別案を提示していましたが、説得力に欠けましたね。あの案を実行するくらいなら、仮設の競技場を建設して、イベントが終われば、解体して、維持費を含めて無駄なお金を使わない方がよほどいい...なんて過激ことも思いましたが、新しい事、社会的問題提起、全く過去に類をみない試み、革新的な試み...を廃し、安定と保守を求める...社会構造。

婚活も同じで、半数以上の女性が安定したお相手と言います。では安定って何?
と問いかけると、答えは出ない。

安定を維持する原動力や向上心、安定をヘッジするだけの知識や専門性、新たな事象に挑戦する揺るぎない信念や行動力... 
ただ、年収が良くても、高学歴でも、決して安定ではない事に気付けば、お相手への見方も大きく変わリます。

今回の新国立競技場の右往左往を見ていると、現代日本人の心のトレンドが、垣間見えてきて、婚活も就活も同じように感じるのは私だけでしょうか?
雑感です。



<< <前へ | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 次へ> >>

結婚相談所 東京 リエゾンビュア - 0.3073 秒にロードしました。 | 閲覧回数: 254351