婚活テク・婚約から結婚|結婚相談所リエゾンピュアお役立ち婚活情報

お問い合わせはお試し結婚お相手紹介無料カウンセリング申込み
トップページ > お役立ち婚活情報 > 婚活テク・婚約から結婚

お役立ち口コミ婚活情報

婚活テクニック・婚約から結婚まで

婚活テクニック・婚約から結婚まで

結婚相談所でお見合いをして、めでたく成婚…
しかし、成婚(婚約)までの道のりは、皆さん悲喜こもごも。
プロポーズのタイミングや知っておきたい知識、そして婚約後にする事。
特に婚約に対する考え方は皆さん違います。
お家によっても考え方が違います。

民法上は、双方が結婚に合意したとき、婚約の成立としています。
「結婚してください」とプロポーズされ、「お受けします」とお答えすれば、婚約が成立します。
しかし、伝統的な「結納」あるいは、最近の傾向でもある「顔合わせ」「食事会」…
ご両家のご挨拶を持って婚約の成立とする…
などなど、考え方や伝統などにも左右されることを知っておくことが必要です。

「結納」は、結納品や結納返しを納め合う、伝統的な婚約の考え方です。
仲人を立てる場合と、仲人を立てずに両家だけで行う場合がありますが、
ご本人同士ではなく、ご両家の総意をもって婚約とする。という考え方です。
一方で、堅苦しいご挨拶はやめて、食事会などで、ご両家のご挨拶をもって
婚約とする方法も昨今は多く見られます。

ここで注意してほしいのは、結婚相談所では当事者同士の結婚の合意があれば、婚約と考えます。
しかし、ご両親が「結納や顔合わせ」などをもって婚約とする、と考えるお家柄であれば、
男性側はそのように率先して手配することが大切です。
ここがタイミングになるのですが、お互いに結婚を意識し合い、プロポーズを受け入れた、
あるいは受け入れて頂いた場合、
早く、男性は女性のご家族へのご挨拶、
「結婚させていただきたい旨」のご挨拶を済ませ、自身の両親への紹介と並行して、
相手方のご両親のお考えやお相手ご本人の意向を考慮して、手際よく、「結納か、
顔合わせ」を実施するスケジュールを両家に打診する必要があります。
ここでズルズルしていると、最悪、破断になることもあります。
まともに挨拶もできない男性に嫁にいかせられない…など。
少なくも1か月以内に行うのが適切でしょう。

顔合わせの場合、少し考えて頂きたいのは、顔合わせだから、食事会だから、
と安易に考えるものではなく、できれば、男性がホスト役となって積極的に
企画することが大切です。
子どものころの話、お相手の育った地域環境の知識、結婚式の準備、
新居、将来、家族の交流のことなど、
事前にしっかりと考えて、企画しておくことが大切です。
また、料理はあらかじめお相手家族の好みを聞いて、お食事の内容、
コース料理の選定、場所の選定、そして予約までしっかり準備することを心掛けてください。
きっと安心頂けるでしょう。
できれば、婚約の記念品などのイベント性を取り入れたり、指輪のお披露目なども記憶に残る
素敵な顔合わせになるでしょう。

婚約から結婚まで、これも婚活のテクニックです。知っておかなければならない知識として、
意識してください。慣習と法律は違います。
リエゾンピュアでは、プロポーズが近いカップルにはアドハイスしています。
ぜひ、ご相談ください。