結婚相談所の選び方 ①|結婚相談所リエゾンピュアお役立ち婚活情報

お問い合わせはお試し結婚お相手紹介無料カウンセリング申込み
トップページ > お役立ち婚活情報 > 結婚相談所の選び方 ①

お役立ち口コミ婚活情報

結婚相談所の選び方

結婚相談所は初めて…という方に読んでいただきたいサービスの違い

そろそろ、婚活を…とお考えの方。結婚相談所を検討する際、どのサービスのカテゴリーに分類され、どのサービス体系が自分にあっているか? しっかりと見極める必要があります。

結婚相談所は、大きく分けて下記の4つのカテゴリーに分類されます。

  1. 結婚情報紹介系
  2. ネット系
  3. 仲人(検索型)系
  4. 仲人(紹介型)系

1.結婚情報紹介系

大手相談所に多く見られるサービス形態です。
データマッチングや相性診断等の機械的手法により、お相手候補を紹介していただけるサービスです。各社紹介人数はまちまちで、2名から4名くらいが一般的なようです。重要な点は、紹介後は、原則、自由恋愛制ですので、自分からアプローチをして、お相手とデートを重ねて行く事になります。成婚という概念はあまりありません。ですので、その間、何人の方とお付き合いしても、何年お付き合いしても、問題はありませんが自己責任です。

2.ネット系

自宅で自由に閲覧して、お相手を検索する事が出来ます。比較的安価ですが、結婚相談所のように全ての書類を揃えないと入会できない訳ではないので、自己申告の部分もあり、一長一短はありますが、手軽にはじめられるメリットも大きいので、まずはネット婚活から、という方も数多くいらっしゃいます。

3. 仲人(検索型)系

仲人型という分類も、おおまかな括りになってしまいますが、オペレーターのレベルから、仲人あるいはカウンセラー等のように相談できる専任のスタッフがフォローして頂ける相談所まで多岐にわたるが、特徴として、大多数の相談所が連盟や団体のネットで検索をする手法をサービスの中心にしている。個人経営の小さな相談所が多い。

4. 仲人(紹介型)系

上記3に留まらず、より質の高いサービスを実施する(コンサルタント型とも呼ばれる)本格的なカウンセリングサービスを実施している相談所。このカテゴリーは比較的中堅の相談所に多い形態です。 紹介型サービスのメリットは、お相手の条件面や自分自身のスキルなどを総合して、上質なお相手紹介、交際のフォローを専任仲人が行い、成婚主義の相談所が多いのが特徴で、東京では数える程しかなく、大半が人気の相談所でハイクラスの会員が多い。

では自分自身はどのタイプが向いているのかな?
とお思いの貴方 !! 下記のチェックリストで判断してみてはいかがですか?

緊張しない・婚活に積極的
パーティー・合コンなど大好き派
条件よりも会員数が多いところが良い
あまり活動ルール等に拘束されたくない
長く付き合って判断したい
結婚情報紹介系
あまりお金をかけたくない
異性に積極的に声を掛けられない
ネット・ゲーム等大好き
掲示板での匿名性が良い
オフ会大好き
ネット系
あまり恋愛経験がない
少し消極的な性格
お見合い形式を希望
期間を決めて活動したい
自宅でお相手検索がしたい
仲人(検索型)系
お相手の条件にはこだわりたい
相談できる仲人さんが欲しい
自分のキャリアは捨てたくない
アラサー、アラフォー世代だ
上質な出会い・お見合いを希望している
仲人(紹介型)系