婚活テク・プロフィール編|結婚相談所リエゾンピュアお役立ち婚活情報

お問い合わせはお試し結婚お相手紹介無料カウンセリング申込み
トップページ > お役立ち婚活情報 > 婚活テク・プロフィール編

お役立ち口コミ婚活情報

婚活テクニック・プロフィール編

婚活テクニック・プロフィールの作り方

結婚相談所に入会をして、まず最初の作業はお見合い写真の撮影ですが、
次に大切なのが、プロフィールの作成です。
プロフィールは、単なる自分自身の条件を記載すればよいというものではありません。
大切な事は、自身の人柄をどのようにお相手に訴求するか…という視点が重要です。
では何を、どのように書けば良いでしょう…、皆さん悩まれる最初の婚活の第一歩です。

プロフィールを見る時、女性と男性の性差の違いからくるプロフィールの
見方も参考にして考えると良いでしょう。
男性は、全体を俯瞰する感じでプロフィールを見ます。
細かい事よりも、お顔や容姿、雰囲気、年令、お仕事、趣味…
というように、全体を総合的に見る傾向があります。
反面、女性はディテールワークに優れ、細かい、自己PRの内容や文体、
文章力などから、その方の性格や人柄を察知しようとします。
もちろん、年収や学歴、仕事の内容、資格の有無、身長、家族構成…
などを十分に精査した後に、お顔を見て、生理的に好きなタイプか
嫌いなタイプか、を詳細から全体を見渡すように見て行きます。
この違いは、プロフィール作りにはとても参考にするべき重要な傾向です。

男性の場合、まず自己PRをしっかりと考える必要があります。
出来れば400字くらいはしっかりと考えてください。
趣味や特技もバランスよく考える事が大切です。
例えば、自己PRが1.2行程度で、仕事も会社員の記述のみ、
趣味もあまり記載ぜす、記載しても安易な内容ですと、
少なくとも、お人柄は伝わってきません。
出来れば、個人情報に触れない程度、会社員ではなく、総合商社とか、
銀行勤務とか、メーカーで設計や開発の仕事をしています…
のように、具体的に書く方が好感を持たれます。
趣味も、アクティブな趣味や文化的な背景を感じさせる趣味など、
出来るだけ貴方の魅力を最大限アピールする事ができれば、効果的です。
自己PRは、性格や仕事の事、プライベートの過ごし方、結婚観、人生観、
将来の夢など、しっかりと自分を見つめ直す必要があります。
これが婚活の第一歩です。

例えば、自営業とだけ記述して、年収が2000万くらいあれば別ですが、一般の女性は、
不安定な仕事で、あまり魅力を感じません、できれば、仕事の内容を具体的に書く事で、
マイナスの印象もプラスに転じる事が出来ます。
  公務員も同様です。安定していると思ってらっしゃる方が多いのですが、もう少し具体的に
技術系なのか? 専門職なのか? 記載する方が好感を持たれます。
公務員の方が思っていらっしゃる以上に、民間企業のキャリア志向の女性は、公務員に対する
評価は厳しい事もあります。

女性の場合、お写真には最大限注力してください。
安易な写真ではなかなかお見合いは組めません。
また、仕事についても、結婚後に続けたいのか、
専業主婦を希望しているのか、お相手と相談して決めたいのか、
自己PRも、同じく400字くらいはしっかりと考えてください。
男性と違って、女性の場合は、仕事の事ばかりでなく、
女性らしい一面や家庭的な面、家族観、お子様の希望、
教育に関する育った背景など、とても大切な要素です。

このように、プロフィールを安易に考えていると必ず婚活は失敗します。
リエゾンピュアでは、出来るだけ、成功する婚活、お相手に伝わるプロフィール
の作成をサポートしています。